うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
妹島和世デザインの椅子 
2007.01.31 Wed 21:39
妹島椅子

海の駅なおしま前の広場にメタリックな椅子が置いてあったのですが、どこかで見たと思ったら海の駅と同じ妹島和世設計の「金沢21世紀美術館」(建築のページの「金沢21世紀美術館」参照)の芝生に置いてあったものと同じでした。

金沢21世紀美術館ベンチ

写真を見てもらうと分かりますが、椅子の並べ方も同じですね。
調べると予想通り妹島和世デザインの椅子だそうで、金沢21世紀美術館用にデザインしたようです。
赤血球に足が生えたみたいなデザインがちょっとコミカルで好きです。
スポンサーサイト
category:プロダクト
comment(1) | trackback(0)
記事編集
BUNRAKU PUPPET:ジョゼ・デ・ギマランイス 
2007.01.29 Mon 23:21
BUNRAKU PUPPET

直島で見てきたアート作品を今日も紹介します。今日は、道の駅なおしまのすぐ近くに設置された「BUNRAKU PUPPET」というジョゼ・デ・ギマランイスの作品です。
ギマランイスといえば以前、越後妻有アートトリエンナーレのサインでも紹介しましたポルトガルを代表するアーティストですが、この人の作品に僕はよく出会ってる気がします。
今回の作品は直島で伝承されている「女文楽」をモチーフとしたそうです。

ちなみに「女文楽」は、明治で途絶えていた直島の文楽を昭和23年に女性だけの一座が復活させたことからこの名称になったそうです。
category:アート
comment(2) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その7「空」:妹島和世+西沢立衛/SANAA 
2007.01.27 Sat 22:33
空

「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第7作目は「海の駅なおしま」の設計者でもある妹島和世+西沢立衛/SANAAによる「空」です。
これは円形のカーボンファイバーが林立するPC鋼の上に乗ってゆらゆらと揺れているという面白い広場である。
この中に入って見上げると、カーボンに景色が映りこんで不思議な風景になります。
残念ながら見学した日は曇っていたのですが、晴れていたらもっと美しい広場と景色を堪能できたと思います。
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ドラマと建築5 「花より男子2(リターンズ)」とミズレイコ東京(葉祥栄) 
2007.01.26 Fri 23:59
ミズレイコ東京

冬クールのドラマが始まっていくつか見ているんですが、今回の「ドラマと建築」は、嵐の松本潤が主演のドラマ「花より男子2(リターンズ)」です。今日放送されてました第4話で、司(松本潤)が渋々ながら滋(加藤夏希)とデートしているシーンで旧山手通りを歩くのですが、そこで一瞬だけ葉祥栄設計のミズレイコ東京(建築のページの「ミズレイコ東京」参照)のガラスの外観が見えます。ちょうど写真も旧山手通りの橋の上から撮ったものなのでこんな感じにドラマでも映ってました。

ちなみにドラマについてですが、今クールでは一番面白いと思います。メンバーのキャラ(特に司のバカっぽさ)が良すぎで笑えます。
ストーリーも少女漫画的ベタさが最高です!
category:ドラマと建築
comment(0) | trackback(0)
記事編集
JR熊本駅新駅舎を安藤忠雄が設計 
2007.01.25 Thu 21:26
熊本駅

九州新幹線全線開通に伴って建て替えられることになっているJR熊本駅の設計を安藤忠雄さんが行うことになったそうです。2016年ごろの完成だそうですが楽しみです。

写真は現在の熊本駅です。
category:建築
comment(1) | trackback(0)
記事編集
新潟県はすごかった! 
2007.01.19 Fri 22:15
棚田

今日知ったんですが、新潟県は明治21年、人口が第1位だったそうです。ちなみに2位が兵庫県、3位は愛知県で、なんと東京都は4位。そして明治31年に東京に追い抜かれるまで新潟は1位を守っていたそうです。
すごいじゃないか!新潟県。
おいしいお米がたくさんとれる新潟に人が集まったということでしょうかね~。

ということで今日の写真は越後妻有アートトリエンナーレで見た新潟の棚田です。
category:時事
comment(0) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その6「スラグブッダ88―豊島の産業廃棄物処理後のスラグで作られた88体の仏」:小沢剛 
2007.01.14 Sun 22:09
スラグブッダ

「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第6作目は小沢剛さんによる「スラグブッダ88」です。
小沢剛さんは「越後妻有アートトリエンナーレ」でも「かまぼこ型倉庫プロジェクト」で参加していましたが、今回は豊島の産業廃棄物から生まれたスラグからつくった88体の仏像です。
直島にも八十八箇所参りというものがあって、それをモチーフにしたそうです。
池の向こうに小さな仏像が佇んでいて、僕が訪れた時は他に人もいなかったため寂しげでした。。
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その5「椿」:須田悦弘 
2007.01.11 Thu 21:38
椿

「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第5作目は須田悦弘さんによる「椿」です。
この作品のために空き地に日本家屋を建てたそうで、中央の入口を通ると庭に出て、振り返ると左右に二つ畳の間があって、そこに本物のような木彫の椿が絶妙な間で置かれています。
そして木彫と呼応するように庭には本物の椿が植えられていました。
この「静」の空間が結構好きになりました。
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
三角港フェリーターミナル(葉祥栄) 
2007.01.09 Tue 20:37
三角港フェリーターミナル

熊本県宇城市にある葉祥栄設計の「三角港フェリーターミナル」(建築のページの「三角港フェリーターミナル」参照)が現在放置状態にあるそうです。
三角港フェリーターミナルは熊本アートポリス事業によってつくられ「海のピラミッド」と呼ばれた面白い形態が特徴的な建物なんですが、2006年8月にフェリー航路が廃止されたため内部は空っぽになってしまっているみたいです。
新たな活用が模索されているみたいですが、早く息を吹き返してほしいです。
category:建築
comment(1) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その4「直島の局」「八幡さんへの抜け道」:上原三千代 
2007.01.07 Sun 23:22
「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第4作目は直島八幡神社の拝殿に展示された上原三千代さんによる猫の像です。
拝殿内には2匹いて、

直島の局

1匹目が「直島の局」です。このふてぶてしい顔が良いです!

八幡さんへの抜け道

もう1匹が「八幡さんへの抜け道」で、お尻からの写真ですが、こいつもかわいかったですわ。
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ポリス再結成? 
2007.01.06 Sat 23:05
ポリス

スティングがソロ活動を始めた1984年から事実上活動休止になっていたポリスが再結成するという報道がヨーロッパで報じられているみたいです。
どうやらアンディ・サマーズ(G)とスチュワート・コープランド(Dr)は再結成を希望していて、あとはスティング待ちみたいです。
たしか僕の記憶ではポリスの解散の原因はコープランドとスティングの確執にあったと聞いたことがあるのですが、仲直りしたんかなあ。。
ただ、再結成しても今のスティングの曲みたいだったらポリスじゃない!!
category:音楽
comment(0) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その3「ピンホール直島」:宮本隆司 
2007.01.05 Fri 20:02
ピンホール直島

「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第3作目は「ピンホール直島」です。元々は卓球場だった建物に宮本隆司さんがピンホール・カメラで撮影した作品が展示されています。
ピンホール・カメラとは、レンズではなくピンホール(針穴)を使ったカメラのことですが、これは帰ってきてから得た知識で、ここに来たときは全く知りませんでした。
だから何で十字型だったりするのか意味が分からなかったのですが、あれは箱を展開したからなんですね。
しかも宮本さんは中に自分が入って撮影しているそうです。
安部公房の箱男みたいです(笑)たしか箱男は元カメラマンだったよなあ。

ところでピンホールをピンポン(卓球)場で展示するというダジャレも意図した展示会場なんでしょうか?
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ヘクテルとアンドロマケ:デ・キリコ 
2007.01.03 Wed 11:08
デ・キリコパブリックアート

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
2007年になってからのブログの更新が滞っていたのは、12月31日からインフルエンザになったらしく高熱でずっと寝てたからなんです。。
振り返れば昨年の年末はひどかったです。ノロウイルスにやられて、携帯ぶっ壊れて、最終日にインフルエンザになるなんて。。おかげで違う意味で寝正月でした。

2007年第一弾のブログは大阪の御堂筋に設置されているデ・キリコ作「ヘクテルとアンドロマケ」です。
去年の正月あまりにヒマだったので閑散としたオフィス街を歩いてみたら見つかったパブリックアートです。
御堂筋はこの他にも多数のアートが置かれているので鑑賞しながら歩くとなかなか楽しいですよ。
category:アート
comment(1) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。