うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
Helloween&Primal Fearライブ 
2006.02.26 Sun 23:25
プライマルフィア
Zepp OsakaHelloween&Primal Fearのライブに行ってきました。
ゲストというか前座がPrimal Fearでした。今回のHelloweenのライブにゲストで来ることになるまで全く聞いたこともなかったので約1ヶ月の詰め込み勉強をして行きました。ボーカルがGamma Rayに在籍したこともあるラルフ・シーパーズだったので入りやすかったです。ライブの感想は、とにかくラルフがマッチョ(笑)。他のメンバー(特にマット・シナー)が太ってたので余計にマッチョぶりが目立ってました。ネットで調べたところによると海外ツアーのセットリストは

1. Demons & Angels
2. Rollercoaster
3. Nuclear Fire
4. Seven Seals
5. Angel In Black
6. Diabolus
7. Running In The Dust
8. Final Embrace
9. Metal Is Forever

だったみたいですが、残念ながら曲名見て分かるほど聞き込んでないのでZepp Osakaがこのままだったかどうかは不明です。ノリの良い曲が多かったので楽しめました。
最新アルバム収録の4と6はちょっとノリが悪かったですが。。


ハロウィン


そして遂にメインであるHelloweenのライブ!前回の来日公演はチケットも取ってたのにインフルエンザで寝込んで泣く泣く行けなかったので気合いの入り方はかなりのものでした。Primal Fearがマッチョ&おデブバンドだったのでいつにも増してヒョロヒョロに見えました。初めて生で見たサシャもヒョロってるし、ヴァイキーやマーカスは相変わらずだったし。そしてまたまたネットで調べたセットリストは

1. The King For A 1000 Years
2. Eagle Fly Free
3. Keeper Of The Seven Keys
4. Hell Was Made In Heaven
5. Occasion Avenue
6. A Tale That Wasn´t Right
7. Power
8. Mr. Torture
9. If I Could Fly
10. Future World
11. The Invisible Man
12. Mrs. God
13. I Want Out
14. Perfect Gentleman
15. Dr. Stein

ですが、予想通り旧守護神伝の曲が多かった(2、3、6、10、13、15)。逆に新守護神伝の曲は少なかった(1、5、11、12)。やっぱ昔の曲の方がライブ向きで客のノリもかなり違ったと思います。5はいらんな~。
あと演出で気になったのはギターソロの時にアンディがメロディと関係なく客に叫ばせるところがあったんですが、あれではギターソロが聞こえないし、ギタリストも気分が悪いのでは。。アンディ解雇されんぞ(笑)

オールスタンディングで2バンドを見たら全体で待ち時間も合わせて約4時間も立ちっぱなしだから帰りはヘロヘロでした。頭振りすぎと腕突き上げすぎで首と肩が痛い。。
でもこれほどのストレス発散はないですね~。次回来日も行くぞ!!
スポンサーサイト
category:音楽
comment(1) | trackback(0)
記事編集
出石町 
2006.02.24 Fri 23:42
辰鼓楼

カニバスツアーには観光もありまして、出石町に行きました。ただ、滞在時間40分という非常に短い時間でしたが。。しかも雪が降っていて寒く、われわれの団体以外の観光客は皆無!出石町といえば城下町で出石そばが有名、また建築で言えば宮脇檀さんの建築が多数あるところです。まあ時間がないのでとりあえず出石町で最も有名な辰鼓楼を見てきました。辰鼓楼とは太鼓を鳴らして時を知らせるために太鼓を吊るしていた建物のことですが、現在は時計がついて時計台となっています。

出石マンホール

あと、町をてくてく歩いているとカラフルで綺麗なマンホールの蓋があったので撮ってみました。ちゃんと辰鼓楼と町の花てっせんが描かれています。
category:観光名所
comment(0) | trackback(1)
記事編集
夕日ヶ浦温泉(京都) 
2006.02.22 Wed 23:57
由比ヶ浜

カニをたらふく食った場所は夕日ヶ浦温泉の「海花亭 花御前」という温泉旅館で、昼食後に温泉に入ることが出来ました。夕日ヶ浦温泉は別名「美人の湯」だそうで、泉質は低張性弱アルカリ性高温泉ということでしたが、簡単に言うと無色透明、無臭、ヌルヌルもしてません普通って感じでした。まあ旅館は非常に綺麗で良かったですけどね。
category:温泉
comment(1) | trackback(0)
記事編集
カニ日帰りバスツアー 
2006.02.20 Mon 23:08
蟹

今シーズンはまだカニを食べていなかったので日帰りバスツアーに参加してみました。丹後半島カニツアーです。バスツアーに参加したのは生まれて初めてでなかなか面白かったです。夕日ヶ浦温泉という温泉地の旅館で昼食がカニ三昧だったのですが、カニ刺し、カニすき、ゆでガニ、焼きガニ、カニみそ、と食べまくって初めて気づきました。これだけカニを食べたらさすがに嫌になるんだと(笑)。もうしばらくカニはいらないっす。
category:グルメ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
中津江村月兎黄金:黒川哲郎 
2006.02.19 Sun 09:50
金山

ちょっと前ですが日田市で純金のタイの置物が盗まれたという事件がありました。よく内容を読んでみるとそこは旧中津江村の道の駅「鯛生金山」に展示していたものだそうです。鯛生金山といえば黒川哲郎設計の「中津江村月兎黄金」(建築のページ中津江村月兎黄金参照)があり、当時中津江村がカメルーン騒動で有名になった頃に訪れたことを思い出しました。うーん、懐かしい。中津江村と聞いてカメルーンを思い出す人も少なくなってきたんじゃないかなあ。。
category:建築
comment(0) | trackback(0)
記事編集
MK Station:高松伸 
2006.02.17 Fri 21:30
MKステーション

こないだ久々に祇園の方に行ったんですが、そのときに高松伸設計の「MK Station」(建築のページMK Station参照)を見たら風俗の無料案内所に変わってました。たしか元々はMKタクシーの無料待合所だったはずなのに。。同じ無料でもえらい違いです。
category:建築
comment(3) | trackback(0)
記事編集
デスノート 
2006.02.15 Wed 22:58
デスノート

会社の後輩が面白いと薦めてくれたので久々にマンガを読みました。「デスノート」です。週間少年ジャンプで連載しているそうです。

ストーリーは
退屈していた死神リュークは死神界から人間界にデスノートを落とす。それを拾った高校生、夜神月はそのノートに書かれた「名前を書くとその人が死ぬ」という説明に半信半疑ながらテレビに映っていた犯罪者の名前を書くとその男が本当に心臓麻痺で死んでしまう。。5日後、月のもとにリュークが現れ、デスノートの所有者、月に憑くこととなる。月は犯罪者をどんどん殺して心の美しい人々の世界を創ろうとするのであった。。
そうしているうちに人々は凶悪犯を殺している何者かをキラと呼ぶようになり、各国は凶悪犯の大量死に関する問題を議論するようになり、これまで多くの難事件を解決してきた国際的探偵Lに解決を依頼することとなる。そしてキラとLの戦いが始まる。。

というものですが、ものすごく賢いキラとLの頭脳戦が面白いです。吹き出しじゃなくて考えている文字がこんなに大量なマンガは「東京大学物語」以来です(笑)。
ちなみに少年ジャンプって少年マンガ雑誌なんだけどこのストーリーは難しくないんだろうか。。あと、ちょっと月は悪者過ぎる。弥海砂は寿命が4分の1になってしまってるのに利用されてるだけだし、親父も利用されて死んでしまった。どんどん目つき悪くなってるし。。でも面白いからまあいいか(笑)
category:Book
comment(1) | trackback(0)
記事編集
CMと建築7 日産ティアナとダイヤモンド・ランチ・ハイスクール(モーフォシス) 
2006.02.13 Mon 21:18
ダイヤモンド・ランチ・ハイスクール

久々のCMと建築シリーズ第7弾です。今回も日産のCMですが。。ロサンゼルスにある「ダイヤモンド・ランチ・ハイスクール」で、2005年のプリツカー賞を受賞したトム・メイン率いるモーフォシスの設計です。CMには3つの建物が登場しますが最後に出てくる建物です。映像を見ていると水面の上をティアナが走っているように見えますね~。



category:CMと建築
comment(0) | trackback(0)
記事編集
JRタワー展望台のトイレ 
2006.02.10 Fri 23:11
JRタワー

札幌駅は僕が5年以上前に来たときとは完全に変わってました。巨大なJRタワーなるものが2003年に完成したそうで新しい札幌のランドマークとなっていました。タワーといえば当然展望台があるんですが、そこにあるトイレが観光名所になっています。「圧倒的な開放感を独り占め」(笑)をコンセプトに設計されていて、男子用小トイレは前がガラスになっているため札幌の街に向かっておしっこをするみたいな感じになります。うーん、確かに開放感はすごいです(笑)

このトイレはおそらく日本唯一の公衆トイレ主力の建築事務所ゴンドラ(代)小林純子さんが設計したものだそうです。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌テレビ塔:内藤多仲 
2006.02.09 Thu 23:35
札幌テレビ塔

夜の札幌散策で一番美しかったのがここ、大通り公園の「札幌テレビ塔」です。公園の樹木とともにライトアップされた夜の雪景色は最高でした。このテレビ塔は東京タワーと同じ内藤多仲が設計しているため、東京タワーを小さくしたようでした。
category:観光名所
comment(1) | trackback(0)
記事編集
日本三大がっかり名所:札幌時計台 
2006.02.08 Wed 23:41
札幌時計台

サッポロビール園からの帰りにてくてく歩いて見学した夜の札幌時計台です。言うまでもなく日本三大がっかり名所のひとつで、何年も前に初めてこの時計台を見た時に僕もかなりがっかりしました。写真からイメージするものよりもかなり小さいと感じるからみんながっかりするみたいです。このときは二回目だったのでなんとも思いませんでしたが。。

ちなみにこの時計台は1878年に札幌農学校演武場としてつくられ、その後、裁判所、公会堂、郵便局、図書館などに転用されながら最終的に現在の観光名所に落ち着いたそうです。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
サッポロビール園のジンギスカンと鈴木宗男 
2006.02.07 Tue 23:44
宗男

札幌の晩飯はサッポロビール園でジンギスカンでした。おそらく初めてのジンギスカンだったのですが、羊はやはりちょっと独特なクセがあると思います。昔に羊肉の刺身を食べたときの衝撃よりはマシでしたがやっぱりちょっとキツイ。。北海道の人々は花見に行ってもジンギスカンするそうです。文化のちがいやなあ。

色々とジンギスカンに思いをはせながら食べていたら上階がやたらにぎやかになったので何事かと見に行くと国会議員鈴木宗男が!なんと新党大地の新年会をしてたんです。なんかじゃんけんゲームみたいなことをやってたのに無理矢理近づいていってみんなで写真撮りまくってました(笑)。残念ながら松山千春はいてませんでした。
category:時事
comment(1) | trackback(0)
記事編集
スープカレー(北海道) 
2006.02.06 Mon 21:49
テイネスープカレー

最近は札幌名物としてスープカレーがブームみたいです。スープカレーはさらさらとしたスープタイプのカレーでご飯にかけずに食べます。そして具はゴロゴロとした大きさが基本のようです。ちなみに僕は会社の旅行なのに(笑)「サッポロテイネスキー場」でスノボをしたときにレストハウスで食べました。そこで入っていた具でびっくりしたのはハンバーグ丸ごと。。

本日のスープカレー


さらに千歳空港のみやげ屋で見つけたのが北海道が生んだ有名人、大泉洋プロデュースの「本日のスープカレー」です。最近全国ネットで活躍中の大泉氏はこんな副業もしていたんですね~。
category:グルメ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌ラーメン:味の時計台(北海道) 
2006.02.05 Sun 22:23
味の時計台

札幌に行ったら当然札幌ラーメンを食べなければと思い夜食で食べてきました。1軒目は「味の時計台」です。関西にもあるんですが、食べたことがなかったし本場で食べてみようかということになり味噌ラーメンを頼んでみました。感想は、玉葱?の甘さがすごくて・・・という感じでした。ちょっとした甘みなら良いんですけどね~。
category:グルメ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
翼の王国 プロレス界のガウディ 
2006.02.04 Sat 16:12
翼の王国

北海道の往復飛行機はANAだったんですが、機内紙「翼の王国」が結構面白くて夢中で読んでしまいました。イサム・ノグチの特集があってこれもおもしろかったのですが、一番興味深かったのは「プロレス界のガウディ アブドーラ・ザ・ブッチャー」というエッセイでした。これはプロレスラーを建築家に例えるというとんでもないエッセイでしたがそのアイデアは面白かったです。挙げられていたプロレスラーは

アブドーラ・ザ・ブッチャー→アントニオ・ガウディ
スタン・ハンセン→フランク・ロイド・ライト
ハルク・ホーガン→フィリップ・ジョンソン
アントニオ猪木→ル・コルビジェ

で、たしかブッチャーはぶよぶよの肉体がガウディの建築っぽいから。そして、うろ覚えですが、ハンセンはライトのプレーリー・ハウスとの共通項について説明してたような。
猪木とコルビジェは異種格闘技を行った猪木と都市計画も行ったコルビジェが似ているとかそんなだったような。。ホーガンとフィリップ・ジョンソンは・・・忘れた(笑)
持って帰ればよかったと今頃後悔してます。。
category:建築
comment(0) | trackback(0)
記事編集
大倉山シャンツェとウインタースポーツミュージアム 
2006.02.03 Fri 23:21
大倉山ジャンプ場

バスによるベタな観光その2ということで「大倉山シャンツェ」に行きました。ここは国際級のラージヒルジャンプ大会が開催される競技場で、僕が行ったときはジャンプ競技が行われる日だったため、実際に本番前の練習ジャンプをしてました。普段はリフトに乗って展望台に上がることができるのですが、競技があったため上れなかったのは残念でしたが。。

ウインタースポーツミュージアム

展望台に上れないのでジャンプ台に併設されている「ウインタースポーツミュージアム」に入ることになりました。ここが意外に面白かったんです。ウインタースポーツが疑似体験できるというコーナーがあり、ボブスレーやクロスカントリーなどが出来るんです。一番笑えたのはフィギュアスケートスピン体験で、機械に乗ると強制的に回転するという単純なものでしたが、いい年のおっさんがフラフラになってる姿はかなり笑えました。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
北海道みやげ:六花亭 マルセイバターサンド 
2006.02.01 Wed 23:29
マルセイバターサンド

おみやげに僕も大好きな六花亭の「マルセイバターサンド」を買ったんですが、そこである人が「マルセイバターサンド」と間違って言ってたのでつっこみを入れていたら、ふと「マルセイ」ってなんだ?と思ったので調べてみました。

北海道で初めて作られたバターの名称が「マルセイバタ」だったそうで、それに因んだ名称が付けられ、包み紙もそのバターのものを模したものだそうです。

そういやよく包み紙を見てみると○の中に「成」という文字と「バタ」の文字が書いてありました。

ちょっと偉くなった気がします(笑)
category:観光名所
comment(2) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。