うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
ロケット館 
2005.08.31 Wed 23:51
ロケット館

東京に行ったときに気になったものがあったので紹介しようと思います。それはJR亀戸駅の駅前広場にある「ロケット館」です。用途は公衆トイレで、赤と青の塔状のものが付いているのと、目隠しにシルバーの横ルーバーが付けられているだけで、何がロケットなのかよく分からないのですが、でかでかと「ロケット館」と書いてあります。てっきり博覧会とかで使われたものを移設したのかと思ったのですが違うようです。公衆便所から宇宙に羽ばたくという発想は笑えますが。。亀戸の人々はどう思ってるんでしょ?
スポンサーサイト
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
徳島ラーメン:くぼた(徳島) 
2005.08.30 Tue 19:08
くぼた

阿波踊りの人の多さに酔ってしまいましたが、とりあえず満喫できたので腹ごしらえをして関西に帰ることとなりました。四国の旅最後の目的地は徳島ラーメンです!「るるぶ」で見つけた「くぼた」という吉野川沿いにあるお店に行きました。初めての徳島ラーメンということでしたが、感想としては「和歌山ラーメン」っぽい。豚骨醤油のスープと細めの麺、そしてチャーシューがおいしかったです。旅のシメにふさわしいラーメンでした。結局この旅で僕が出した結論は、やっぱうどんよりラーメンでした。満足して関西に向かう車は完全に先輩に任せて僕は心地よく意識が飛んでいました(笑)。よし、次回は先輩にどこに連れて行ってもらおうかなあ。。
category:グルメ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
阿波踊り 
2005.08.29 Mon 19:54
阿波踊り

脇町を出る頃には夕方になっていたので、徳島市で晩飯を食べて帰ろうと車を走らせていたところ、先輩が何気なく「るるぶ」を見て驚きの声を上げました。「今日は阿波踊りの日だ!せっかくだし見ていこう!」と。阿波踊りといえば全国的に有名な徳島の行事なのでもちろん行くことにしました。ただ交通渋滞がすごいのではないかと心配していたのですが、徳島市内に入っても、すぐそこが会場だという場所まで来てもスイスイ流れていました。なぜなのかは分かりませんが簡単に駐車場に止めてテクテク歩いて会場まで行くと、車が空いていたのとは打ってかわって、うじゃうじゃ人が歩道を埋め尽くしていました。行って初めて知ったんですが、演舞場と呼ばれる観覧席が無料が3ヶ所、有料が5ヶ所設けられていて、当然のことながら座ることは出来ない状態でした。しばらく歩きながら見物していたのですが、僕の体力は限界に近かったため、残念ながら記憶はあまりありません。。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
脇町:うだつのまちなみ 
2005.08.28 Sun 10:46
脇町

金比羅を出て、次のうどん屋に向かう予定でしたが、僕は体力の限界がきて意識が朦朧(笑)としていたため、もううどんを食べられる状況にありませんでした。これで行く予定は全てまわったんですが、まだ時間があったのでどこか行くところないか「るるぶ」を読みながら検討したところ、先輩が徳島県脇町(現在は合併して美馬市)のうだつの町並みを見学したいということで向かうこととなりました。このまちに僕は思い出がありまして、大学時代に自動車免許の合宿に行った場所がここでした。脇町のうだつの町並みは重要伝統的建造物群保存地区(いわゆる伝建地区)に指定されていて、「うだつ」とは隣家への延焼を防ぐための防火壁の事を言い、「うだつが上がらない」という言葉の語源になったと言われています。あまり観光的には成功していないのか休日にもかかわらず人はまばらで、そこが僕には落ち着きがあって良かったです。

オデオン座

脇町はうだつの町並み以外に「オデオン座」という観光場所があります。ここは「虹をつかむ男」という山田洋次監督の映画の舞台となり一躍有名になったという劇場です。ただ、僕が合宿免許に行った時はまだ映画の前だったためボロボロの映画館でした。しかもおもいっきりポルノ映画を上映してました。僕にとってはここが観光地になっていることがある意味不思議で仕方がなかったです。。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
金比羅宮 
2005.08.27 Sat 13:29
金比羅1

うどんで腹ごしらえも済んだということで食後の運動に金比羅に行きました。長い石段で有名で、駐車場のおばちゃんがわざわざ杖を貸してくれました。本宮まで785段だそうですが、途中ですれ違ったガイドのおばさんは783(なやみ)段と言ってました。語呂合わせでそう言ったんかなあ。。初めの200段ぐらいは余裕なんですが、途中からどんどん急になってきて500段のころにはへろへろで言葉も発せませんでした。しかし、日頃から運動している先輩は余裕綽々で、後で聞いた話によると僕の顔はこれまで見たことないくらい苦悩の面をしていたそうです。。そのため、のぼっている途中にもいくらか見所があるにもかかわらずほとんど記憶にありません。


金比羅2


ただ、どれだけ疲れててもこれだけはつっこまなあかんと思ったものがありましたので紹介しておきます。写真をみていただくと分かりますが、巨大な金の羽です。一目で扇風機と名付けましたが、他の人も「なんだあの扇風機」と言ってたのでみんなそう思っているようです。扇風機と金比羅のつながりが全く分からない。。最近クーラーが普及しすぎて扇風機も売れるように扇風機会社(?)が祈願したんでしょうか。。
あと、へろへろになりながらも帰ってきたら駐車場のおばちゃんが、「金比羅は昔、殺人事件があったからおばちゃんは怖くて上られへんのよ」と言うトークから気が付けば死刑反対論にまで展開していき、ほっておけば永久に話し続けそうでした。相づちを打ちながらふと横を見るとキレ気味の先輩がいたので急いで話を無理矢理切り上げて駐車場を後にしました。。
category:観光名所
comment(2) | trackback(0)
記事編集
さぬきうどん:やまうち(香川) 
2005.08.24 Wed 23:55
やまうち

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」から向かったのは仲南町にある讃岐うどんの有名店「やまうち」です。「なんでこんなところにうどん屋が?」と思わせるような場所にあったんですが、車の出入りがやたらと多いために変に目立っていました。坂道を上ると広い駐車場と建物が見えてきます。並んでいなかったのでそのまま入って「あつあつ」大と天ぷらを注文しました。メニューは「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」という温度を選ぶのと大小のサイズを選ぶだけの至ってシンプルです。朝に食べた「なかむら」はやや麺が柔らかかったのですが、ここはちょうど良い硬さでおいしかったです。ただ、「あつあつ」を頼んだんですが、ぬるかったのがちょっと納得出来ませんでした。。
category:グルメ
comment(2) | trackback(0)
記事編集
谷口吉生のミュージアム 
2005.08.23 Tue 23:08
mimoca

「香川県立東山魁夷せとうち美術館」を後にして次に向かったのは同じく谷口吉生設計の「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」です。ここを訪れたのは3度目ですが、今回は企画展「谷口吉生のミュージアム」を見に来ました。谷口氏が増築設計した「ニューヨーク近代美術館」のリニューアルオープンの記念展の日本巡回展です(感想はアートのページ参照)。せとうち美術館で失態を見せたため、名誉挽回をと先輩に模型等の説明を必死でやってる自分がかなりかっこわるかった。。
建物の話に戻りますが、この建物は僕が初めて見た谷口建築で、当時すごい衝撃を受けて谷口さんが一気に好きな建築家ランキングに入った記憶があります。久々に見てもやっぱり良いです。駅前広場から連続する猪熊氏の絵画が描かれた壁と猪熊氏のパブリックアート、奥へと続く大階段など、すごく好きです。
category:建築
comment(1) | trackback(0)
記事編集
香川県立東山魁夷せとうち美術館とリトグラフ 
2005.08.22 Mon 21:40
香川県立東山魁夷せとうち美術館

ゴールドタワー」を横目に見ながら僕たちが向かったのは瀬戸大橋記念公園で、その一角に平成17年4月に開館したばかりの「香川県立東山魁夷せとうち美術館」がありました。建築については「建築のページ」を見ていただきたいのですが、それ以外のコメントとしては、展示している作品を見ていたら先輩に「ところでリトグラフって何?」と聞かれて絶句してしまいました。。頭の中では「確か版画の技法だったよなあ~」とか思いながらも自信がなかったので「まあそこらへんはごにょごにょ・・」とごまかしていたら「こいつ実は絵のこと全然知らんな」という目で見られてしまいました。ちくしょー!ということで帰ってきてネットで調べました。基本的には水と油の反発を利用した版画のことのようです。もっと基本から勉強しなくちゃいけないことを痛感しました。。
category:建築
comment(1) | trackback(0)
記事編集
ゴールドタワー 
2005.08.19 Fri 22:03
ゴールドタワー

「なかむら」を後にした僕たちは坂出市に向かったんですが、その途中で宇多津町にある「ゴールドタワー」を目にしました。僕は学生時代に友達と初めての四国旅行に行ったときに訪れており、すごく懐かしい思い出が蘇りました。現在はどうか知りませんが当時は四国一高いというのが売りだったと思います。また、併設して「世界のトイレ館」というのがあって、そこには純金の便器や純金のスリッパがありました。スリッパは透明なケースに入っており、手だけ入れられる穴が開けてあって持ち上げる事が出来るというかなり笑える場所でした。しかし!残念ながら現在トイレ館は閉館しているようです。僕が当時訪れた時に既に廃れている感じだったのでやむを得ないかもしれませんが。。ネットで調べたところ純金のスリッパはタワーの展望室に展示されているそうです。未だにスリッパが見学できるのは嬉しいですが、展望室にいきなりスリッパが置いてあったらトイレ館のことを知らない人は訳が分からないような気がしますが。。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
さぬきうどん:なかむら(香川) 
2005.08.16 Tue 18:55
なかむらうどん

お盆に四国うどん&建築ツアーに先輩と行ってきたので、その内容についてこれから何日かに渡って連載してみようと思います。
まず香川県丸亀市に到着した僕たちは朝飯に「なかむら」というさぬきうどんの店に行きました。昔は「客が裏でネギをとってきて刻む」ということで有名だったそうですが、現在はもうそのシステムはなくなっていました。しかし、さぬきうどんの店としては超有名ということでかなりの期待と共に訪れたところ、予想通り(?)開店前にもかかわらず数十人が並んでいて人気を裏付けていました。お店の建物はちょっとボロかったんですが、同じ敷地に建っていた住宅は新しく、「うどん御殿かあ」とか言いながら待っているとしばらくして開店し、意外とすぐ入店できました。「かま玉」というやつを頼むと、うどん鉢が渡されます。そこに生卵を割って入れると、その上にうどんをかけてくれます。そして醤油を少したらしてネギをのせて食べるという至ってシンプルなシステム。写真はちくわの天ぷらものせてます。味の感想は、麺がちょっと柔らかい。以前讃岐うどんを食べに来た時も思ったんですがちょっとゆですぎ感がありました。讃岐人はこれがうまいのかなあ、とか疑問に思いながら食べてました。あと醤油をかけすぎて少し辛かったのは失敗でした。。
category:グルメ
comment(2) | trackback(0)
記事編集
なら燈火会 
2005.08.15 Mon 22:50
とうかえ

奈良県で毎年行っている「なら燈火会」の最終日に行ってきました。
「なら燈火会」とは奈良公園周辺の場所をろうそくの火で美しく彩るというイベントです。
今日は最終日で、若草山の大文字焼きもあるということで楽しみにしてました。
ところが、夕方から雲行きが怪しかったのですが、夜になって雨が降りだしたため、傘を差しての移動はなかなか大変でした。人もうじゃうじゃいましたし。。
大文字はほとんど見えませんでしたが、ろうそくの幻想的な火は美しかったです。
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
カンボジアみやげ2 
2005.08.14 Sun 13:19
カンボジアヌードル

前回(といってもだいぶ前ですが。。)紹介したカンボジアみやげの第二弾です。
今回はカップヌードルです。緑地に赤で名前が書いてあります。当然読めませんが。。
フタを開けると中には袋に入った具と折りたたまれたフォークが入ってます。
フォークは日本のカップヌードルではあり得ないのでなかなか親切です。
具を入れてお湯をかけて3分(側面に書いてあった何語かわからない説明に3という数字があったので多分3分だと思われます)待ってできあがりました。
食べてみると予想通り辛い!でもそれだけなら食べられるんですが香草の味がキツイ!さすが東南アジア(?)。かなりきつかったです。ちなみに二つカップラーメンをもらったのですが、もう一つを食べることはないでしょう(笑)
category:観光名所
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。