うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
H BOX:ディディエ・フィウザ・フォスティノ 
2008.12.01 Mon 22:29
H BOX

横浜トリエンナーレ2008の2作目はH BOXというエルメスがプロデュースした移動式映像上映室です。
トリエンナーレの会場のひとつである大さん橋国際客船ターミナル内に展示されていました。
パリを拠点に活躍する建築家、アーティストであるディディエ・フィウザ・フォスティノが設計したBOX内では8人のアーティストによるビデオ作品が上映されました。
メタリックな未来的なデザインが大さん橋の大空間に非常に合っていたと思うんですが、この作品しか大さん橋には展示されなかったので横トリに来ても見なかった人も多かったのではないでしょうか。。
スポンサーサイト
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
落っこちたら受け止めて:マイケル・エルムグリーン & インガー・ドラッグセット 
2008.11.27 Thu 22:51
落っこちたらつかまえて  落っこちたらつかまえて2
3年に一度のアートの祭典、横浜トリエンナーレ2008に行ってきました。
そのレポートが遅れていたのですが、今日から数回に渡って報告していきたいと思います。
まず、第一作目はマイケル・エルムグリーン & インガー・ドラッグセットによる「落っこちたら受け止めて」です。これは横浜ランドマークタワーの吹き抜けに設置された作品で、高さ10mの飛び込み台に心細そうに立つ水着姿の少年がユーモラスです。
僕が見学に行ったときはピアノの演奏会が行われていたのですが、この作品が展示されている横でまじめに演奏しているのがなんか笑えました。
category:アート
comment(1) | trackback(0)
記事編集
久国寺の歓喜の鐘:岡本太郎(愛知) 
2008.03.28 Fri 22:49
歓喜の鐘

名古屋市内に岡本太郎がつくったという鐘があると聞いて行ってきました。
1965年につくられたその名も「歓喜の鐘」といい、久国寺というお寺にあります。
見た目が普通の鐘と違うのですが、34本の角が飛び出しています。
しかし、奇抜な外観というだけでなく音もすごくいいらしいです。
大晦日に行くと撞くことができるそうで、その時には音も聞くことが出来ます。
category:アート
comment(0) | trackback(0)
記事編集
おもしろ自動販売機 
2007.10.25 Thu 23:05
おせっかい

こないだ南堀江に行った時に見た自動販売機です。「見栄はってカフェなんか行くな。」というピンクの文字が表面にたくさん描かれています。しかも売ってるジュースはALL100円!!
こういうの大好きです。
category:アート
comment(2) | trackback(0)
記事編集
直島スタンダード2 その9「舌上夢/ボッコン覗」:大竹伸朗 
2007.02.19 Mon 22:27
はいしゃ2

「NAOSHIMA STANDARD 2」レポート第9作目はガラクタを使った作品やコラージュを多用している作家、大竹伸朗の作品「舌上夢/ボッコン覗」です。
元々は歯医者兼用住宅だった建物をまるごと大竹氏がアート作品としています。

はいしゃ1

本物の船の破片を深い青に塗られた部屋に飾られていたり、廊下からトイレに至るまでの床をコラージュしていたりとスタンダードの他の作品と比べてかなりスケールの大きな作品となっていました。
今回のスタンダード2で一番お気に入りの作品です。
category:アート
comment(1) | trackback(1)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。