うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
三国温泉 ゆあぽーと(福井) 
2009.12.06 Sun 22:04
ゆあぽーと
北陸ツアーでは日帰り温泉にも入ってきました。
福井県坂井市の三国温泉は、東尋坊からも近い海沿いにある温泉で、そこの日帰り温泉が「ゆあぽーと」というところでした。
海のすぐそばに建っているため景色がすごくいいようですが、残念ながら夜だったので全然見えず。。露天風呂がないのも残念でした。お湯は海に近いだけあって塩の味がしました。

ここのすごいところは休憩室に大量の漫画が置いてあって読み放題ということ。
子供が寝転がって読みまくってました。もちろん僕たちもしばらく読みふけってました。
スポンサーサイト
category:温泉
comment(1) | trackback(0)
記事編集
東京お台場大江戸温泉物語(東京) 
2009.08.08 Sat 21:00
大江戸温泉物語

高速道路土日1000円をフル活躍させてお台場ガンダム弾丸ツアーに行ってきました。
今回から数回はそのネタをお送りします。

会社を終えた金曜21:00に関西を出発し、高速道路を走らせて明け方5:00にお台場に到着!
ヘロヘロになりながら仮眠をとるため東京お台場大江戸温泉物語に向かいました。
休憩室の座敷で横になろうかと思いきや、イス式の休憩室しか無く、しかも人があふれている状態。。

とりあえずせっかくなので温泉に入ってみると空いていてなかなか快適でした。
館内は19種類ある浴衣から好きなものを選んで着替えるようになっていたり、縁日風な遊びの空間があったりとかなり楽しめそうでしたが、もちろん早朝は開いてなく、しかも眠たくて死にそうな僕は休憩室の空いたイスをなんとかゲットして6:00に就寝しました。。

しかーし、やっと寝られたと思いきや8:00に起こされて追い出されてしまいました。
9:00で総入れ替えをするんだそうです。。
category:温泉
comment(1) | trackback(0)
記事編集
佐野やすらぎの湯(栃木) 
2009.04.25 Sat 22:12
佐野やすらぎの湯

佐野市でラーメンを食ってから日帰り温泉「佐野やすらぎの湯」に行ってきました。
ここは那須馬頭温泉(美人の湯)から毎日温泉を運んできているそうです。なるほど、温泉を掘らずに運ぶという発想はなるほど。
お風呂は一般的なスーパー銭湯といった感じでしたが、露天風呂にあったつぼ湯が気持ちよかった。
風呂上りに休憩室に行ってみるとリクライニングシートが並んでいて、そのすべてのシートに液晶テレビが付いていたのにはびっくりしました。
category:温泉
comment(2) | trackback(0)
記事編集
高松クレーターの湯 天然温泉きらら(香川) 
2009.04.14 Tue 22:25
高松クレーターの湯 天然温泉きらら

今日は讃岐うどんツアーネタに戻ります。

うどんはもう限界ということで温泉に行ってきました。
「高松クレーターの湯 天然温泉きらら」です。
「高松クレーター」とは何?ということを確認したくて選びました。
説明によると

今からさかのぼること約1530万年前
ところは四国香川、讃岐平野のど真中
1個の隕石が落下して
直径約8Km、深さ約1.5kmのクレーターができました。

時は流れ、、、

そこから涌き出る源泉で
天然温泉きららができました。

ということだそうです。
う、うさんくさい(笑)
その時落ちてきた隕石のかけらとか置いてあったらもっとよかったのに(笑)

ちなみに温泉は普通でした。。
category:温泉
comment(3) | trackback(0)
記事編集
仏生山温泉 天平湯(香川) 
2008.04.19 Sat 15:37
仏生山温泉

今回の麺ツアーの最後の行き先は香川県高松市にある「仏生山温泉 天平湯」です。
ここは2005年末にオープンしたデザイナーズ温泉で、2007年度のグッドデザイン賞も受賞しています。
行ってみるとたしかに温泉というよりはオシャレなレストランのようです。
中に入ると細長い廊下と休憩スペースが続き、そこから脱衣所へと入ると、これまた細長い脱衣所で、しかも突き当たりに大きな鏡が設置してあるため、より奥行きがあるように感じさせます。
脱衣所と浴室は全面ガラスで仕切ってあり、丸見え状態。
そして浴場は中央に中庭を設けた開放的な露天風呂と内湯で構成されていて、露天と内湯もガラス面で仕切られていて、開放することも可能になっていました。

と、建築見学レポートみたいな文面になってしまいましたが、肝心のお湯の質はというと、非常にぬるぬるしていて気持ちのよい温泉でした。
category:温泉
comment(1) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。