うらくんのページの管理人がおもしろいネタや日常の些細なことをつらつらと書いております。 建築やアート、旅行など。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
デトロイト・メタル・シティ 
2008.01.02 Wed 23:48
デトロイト・メタル・シティ

あけましておめでとうございます。本年も僕のブログとHPをよろしくお願いします。
年末年始はかなりゴロゴロと怠惰な生活をしていたのですが、せっかく空いた時間でこれまで気になっていた漫画を読んでみました。
デトロイト・メタル・シティ」なんですが、これがかなり笑える。
簡単に説明すると、
主人公の根岸くんはスウェディッシュポップが好きなのに、悪魔的デスメタルバンド、デトロイト・メタル・シティ(DMC)のギター兼ボーカルとしてインディース界で絶大な人気を誇るクラウザーⅡ世として活躍してしまうという話です。
漫画のタイトル(=バンド名)はもちろんKISSの名曲「デトロイト・ロック・シティ」から取ったものだと思われ、メイクもそこからきているんだと思います。
クラウザーさんの行動も笑えますが、熱狂的なDMC信者の解釈が一番笑えます。

最近ここまで笑えた漫画もなかったのでものすごくお勧めです。
まあちょっと内容がヨゴレなので好みが分かれるかもしれませんが。。
スポンサーサイト
category:Book
comment(1) | trackback(0)
記事編集
どろろ 
2007.08.02 Thu 23:01
どろろ

最近の(?)図書館というのは便利で漫画も置いてるんですね。こないだ映画「どろろ」を見てむしょうに手塚漫画の原作を読みたくなって近所の図書館に行ってみたらありました。
やはり映画版とはまったく違うやや暗めなストーリーでしたが、さすが手塚漫画だけあって面白かったです。結末としてはかなり中途半端でしたが。。
ちなみに「どろろ」というタイトルは手塚氏の子供がどろぼうのことを片言で「どろろう」と言ったことからついたそうです。
あと、手塚氏が妖怪ものの漫画を書いた理由は、当時大ヒットしていた水木しげるさんの妖怪漫画に嫉妬したことが原因だそうで、天才漫画家が嫉妬していたという人間臭いエピソードが結構好きです。
category:Book
comment(0) | trackback(0)
記事編集
デスノート連載終了 
2006.05.27 Sat 23:37
デスノート映画

先週になると思うんですが、週刊少年ジャンプでデスノートの連載が終了しました。ちょっと前にブログでも紹介したんですが、かなり面白かっただけにショックです。6月と10月に映画を控えていて今一番話題なのにやめてしまうとはもったいない!!

内容に触れさせてもらいますと、結末近くの夜神月のかっこ悪さはちょっとなんとかならんかったのかなあ。。てっきり僕は無様な姿を見せつつニアに逆転勝ちすると思ってたのに。あの終わり方は納得いかないなあ。。
category:Book
comment(2) | trackback(0)
記事編集
クロサギ 
2006.04.20 Thu 22:27
クロサギ

春のドラマで一番の期待は「クロサギ」です。「野ブタ。をプロデュース」の山下智久と堀北真希が再び共演するということで第一話を見ましたがなかなか面白いです。視聴率もよくて18.8%でした。

原作はヤンサン(週間ヤングサンデー)で連載中の同名マンガですが、これが面白いんですわ。
○簡単にあらすじ○
世の中には詐欺師が三種類いる。それは、他人をだまし金を巻き上げる「シロサギ」、異性の心と体を弄ぶ「アカサギ」、そして「シロサギ」と「アカサギ」のみを喰らう「クロサギ」である。父親がシロサギにだまされ無理心中をし、唯一生き残った黒崎は、シロサギを憎み、世にはびこるシロサギを喰らうことを生涯の目的としていた。。

「ただ、これ読んでると怖い世の中だなあ、と思ったりしてしまいますが。。
category:Book
comment(1) | trackback(0)
記事編集
デスノート 
2006.02.15 Wed 22:58
デスノート

会社の後輩が面白いと薦めてくれたので久々にマンガを読みました。「デスノート」です。週間少年ジャンプで連載しているそうです。

ストーリーは
退屈していた死神リュークは死神界から人間界にデスノートを落とす。それを拾った高校生、夜神月はそのノートに書かれた「名前を書くとその人が死ぬ」という説明に半信半疑ながらテレビに映っていた犯罪者の名前を書くとその男が本当に心臓麻痺で死んでしまう。。5日後、月のもとにリュークが現れ、デスノートの所有者、月に憑くこととなる。月は犯罪者をどんどん殺して心の美しい人々の世界を創ろうとするのであった。。
そうしているうちに人々は凶悪犯を殺している何者かをキラと呼ぶようになり、各国は凶悪犯の大量死に関する問題を議論するようになり、これまで多くの難事件を解決してきた国際的探偵Lに解決を依頼することとなる。そしてキラとLの戦いが始まる。。

というものですが、ものすごく賢いキラとLの頭脳戦が面白いです。吹き出しじゃなくて考えている文字がこんなに大量なマンガは「東京大学物語」以来です(笑)。
ちなみに少年ジャンプって少年マンガ雑誌なんだけどこのストーリーは難しくないんだろうか。。あと、ちょっと月は悪者過ぎる。弥海砂は寿命が4分の1になってしまってるのに利用されてるだけだし、親父も利用されて死んでしまった。どんどん目つき悪くなってるし。。でも面白いからまあいいか(笑)
category:Book
comment(1) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。